昨年9月に締め切り、12月に厳正な審査を行い、入賞に選ばれました5編の研究論文を掲載いたしました。
 コロナ禍であっても、子供たちのために指導方法の改善に向けての研究を途絶えさせないという先生方の熱き思いを感じさせる研究論文(入選3編、佳作1編、新人奨励賞1編)です。
 熟読いただき、日々の学習指導の参考にしていただければと思います。
 また、会員の皆様におかれましては、先生方が日頃から積み重ねられている教育実践研究の足跡を是非、研究論文におまとめいただき、ご応募いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。