地球温暖化による異常気象や大災害の発生が危惧される現代、改めて防災教育の必要性が問われています。そのような折、本年度、久喜市立栗橋西中学校教諭 青柳 慎一先生が研究された研究論文が入選されました。 
 研究テーマは、「自らが主体的にいのちを守る力を育む防災教育をめざして~中学校社会科地理的分野『地域調査の手法』の単元開発を通して~」であり、中学校での防災教育の具体的な手立てが記されています。是非、各学校での防災教育計画の策定にご活用ください。