研究主題  「幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを踏まえ、自立と社会参加につな
がる指導・支援の充実を求めて~全特連埼玉大会の開催とその成果を通じて~」
研究内容– 1 幼児児童生徒一人一人の障害の状態及び発達の段階や特性等に応じた
  効果的な指導の在り方を追求する。 
– 2 発達障害ののある幼児児童生徒をはじめ、学習や生活に特別な支援
  を必要とする子に対する指導の在り方を追求する。
– 3 新しい時代の特別支援教育の諸課題に応じた教育について研究し、本
  県特別支援教育の実践を進展させるとともに、オンラインでの会議・研
  究協議会等も取り入れ、現代の働き方の中での合理的な研究会の在り方
  を創造する。
 
 <研究大会>
 〇 第60回研究協議会本庄大会
   令和3年8月24日(火)~9月10日(金)まで(オンラインにて開催)
   ・全体会・・・特別講演動画視聴
          (講師 植草学年大学教授 名古屋 恒彦氏)
   ・分科会・・・5分科会のすべてを閲覧可能
   ※ 「申し込みフォーム」
 〇 第50回埼玉県特別支援教育研究会研究発表会
    令和4年1月14日(金)埼玉大学教育学部附属特別支援学校
                  併設特別支援教育臨床研究センター
会  長- 小山  悟 (吉川市立吉川小学校校長)
事務局長- 石川 和宏 (埼玉大学教育学部附属特別支援学校教諭)
会 員 数
ホームページhttp://www.fuyou.saitama-u.ac.jp/saitama_k/

※ 令和3年度は、本研究会設立70周年を迎えます。